子供限定の体験キャンプ開催中詳細はこちら

グランピングは寒い?【グランピングの寒さとその対策教えます】

手袋を上にあげている

グランピングって寒いの?そんな不安を抱えている人は多いハズです。そこで今回は、冬のグランピングは寒いのかどうかを、アウトドア好きのスタッフが解説していきます。

いばちゃん

キャンプ好きのいばちゃんが教えちゃうよ!

目次

グランピングは寒いのか【季節ごとにわかる対策方法】

レジャーの中でも快適にアウトドアを体験出来ることで人気なのがグランピングです。

寒さに関して言えば、滞在中、お部屋の中など屋内で過ごすのならあまり問題はないですが、アウトドアである以上は外での寒さはある程度覚悟しておいた方が良いでしょう。

今回はグランピングにおける寒さ対策を季節ごとに解説していきます

秋のグランピング

 まず寒さの始まり秋の季節について解説していきます。

夏が去って少し肌寒くなる秋ですが、朝から昼にかけてはまだ少し暖かく、薄手のジャケットでも意外と快適に過ごすことができます。しかし夕方から夜になるにつれ冷え込んでくるので、夜のアクティビティを体験する際やシャワールーム、トイレがお部屋に付いていない場合はダウンなどの上着があった方が良いでしょう。

ちなみにBUBリゾートではダウンジャケットの貸出も行っているので秋でも安心して過ごしていただくことが出来ます。

冬のグランピング

では寒さ本番の冬はどうでしょうか。冬は皆さんのイメージ通り一日中冷え込んでいます。特に夜から朝にかけての日が登らない時間帯はかなりの寒さです。日中から夜にかけては厚めの上着を用意しておきましょう。ですが、体を動かすアクティビティをすることも考えると脱ぎ着のしやすいように重ね着で暖を取れる恰好にしておいた方がいいでしょう。

また、夜のアクティビティの際に注意したい点は地面から来る冷気です。底が厚めの靴を履いていくと夜の時間帯でも快適に過ごせるでしょう。

また、最も寒くなる夜から朝にかけての時間帯はお部屋の暖房器具をフル活用して過ごせば快適に過ごせるでしょう。

BUBリゾートでは冬の時期にドームテントとコテージでの予約を行っていますが、寒さが心配であればコテージの方がより快適に過ごせるでしょう

いばちゃん

寒い冬を過ごすなら、テントよりもドーム型とかコテージのようにあったかい方がおすすめだね!

春のグランピング

太陽が上がっている時間も伸びて段々と暖かくなってくる春ですが、初春の方はまだまだ肌寒いです。特に夜から朝にかけてはかなり寒いです。夜トイレに行く際や朝食を取りに移動する際は厚手のトレーナーなどがあると丁度いいかもしれません。

ですが、ほとんどの活動時間は暖かいので、夜間の冷え込みだけ対策していけば十分かもしれませんね。

グランピング施設のテントは寒いのか【クルーが解説】

こちらは結論から言ってしまうとテントのタイプによると言えるでしょう。

例えば、BUBリゾートでは冬の寒い時期は大きなワンポール型のベルテントは予約を止めさせて頂いています。

皆さんが思い浮かべるようなテントだと地面からの冷気だったり、暖房でストーブ焚く際に換気が必須になり、そこから冷気が入ってくることもあるのでより本格的なキャンプ体験をしたいのでもなければテント型はあまりおすすめ出来ません。

ただし、キャンパーの筆者でも冬のキャンプは中々しないので、もしキャンプを始めたいけど試しにグランピングに行ってみようという目的であればこれから紹介するドームテントの方をおすすめします。

ドームテントであればお部屋の中についているエアコンとストーブを併用することで夜は問題なく眠ることができます。

室内には換気扇もついているので換気での冷えを心配する必要もありません。

最後にコテージタイプのお部屋ですが、こちらは家のようになっているので備え付けのエアコンでも十分快適に過ごすことができます。

夜ご飯のBBQも備え付けストーブがあるので外でのお食事も安心です。

その他のグランピング施設では予約前に電話などで、その施設で行っている防寒対策を事前に確認しておくと良いでしょう。

もう寒いと感じないグランピングでおすすめな防寒対策

さてここからは筆者がキャンプをする中で編み出した防寒対策の中からグランピングでもお手軽に実践出来る防寒対策を四つほど紹介していきます。

いばちゃん

キャンプ通のいばちゃんが教えちゃいます!

羽織れる大きさのブランケット

筆者がキャンプで愛用しているバスタオルよりも二回りほど大きいサイズのブランケットです。こちらはただ羽織るだけでなく布団がちょっと足りない時やカーペットのように使うことでテント内で地面からの冷気を防いでくれたりと一枚で色々な用途で使える優れモノです。

靴の中敷きカイロ

次は中敷きのように靴の中に入れて暖めるカイロです。

これは夜のアクティビティ中に地面の冷気で足が冷えないようにするものです。

先ほど紹介した通り厚底のソールでも十分対応できますが、厚底靴の持ち合わせがない場合やちょっと心配であれば荷物の中に忍ばせておくと安心ですね。

手袋

防寒グッズでも特に代表的な手袋ですが、有るのと無いのではかなり大きな違いがあるのでご紹介しておきます。先ほどの靴底ともつながる部分がありますが体の冷えは末端から対策していくと効率的なので手袋は持っていくと外での活動時間がグッと延びてとてもおすすめです。

特に屋外でのアクティビティは体を動かすものが多く、転ぶことも少なかれあるのでポケットに手を入れていると危険なので手袋は基本ですがその分強くお勧めします。

裏起毛ロングスパッツ

主にウィンタースポーツなどで使われる裏起毛のロングスパッツは寒い冬にはぴったりの防寒グッズです。

冬の夜空は空気が澄んでいるので星が良く見えますが、寒いとじっくり見れなかったりすることが多いのでこういったアイテムがあるとゆっくりと夜の時間を楽しむことが出来ます。

またグランピング、キャンプに限らず焚き火で暖をとることが多いと思いますがその際に化繊は火花で溶けてしまったりするので、デニムの下に履けたりするのもおすすめポイントの一つです。

BUBリゾートで用意している防寒アイテムのご紹介

最後にBUBリゾートで用意している防寒アイテムのアメニティの紹介です。

防寒アイテムはかさばりやすいことが難点なので事前にこちらを参考にして身軽にグランピングを楽しみましょう。

もちろんその他のグランピング施設でもアメニティに何があるのかをチェックすることは、とても重要なのでなるべく心がけるようにしましょう!

ストーブ

先ほどから何度か出ているストーブですが、こちらは寒い時期に外のデッキ部分に備え付けされています。BBQは外で食べることになっているので安心です。

また、ドームテントにはお部屋の中にも灯油ストーブを用意してあるので快適にお部屋の中で過ごすことが出来ます。お部屋のストーブには柵があるので小さいお子さんがいるご家庭にも安心です。

カイロ

寒い冬の時期は貼らないタイプのカイロを無料でお配りしています。貼らないタイプは体の色々な部分に使えるのでアメニティとしてあるのはうれしいですよね。

貼らないタイプのカイロは一つあればツボを暖めて全身を暖めたり、つま先を暖めたりすることができるので実際に使う時は皆さん調べて使ってみてくださいね。

ブランケット

ひざ掛けブランケットの貸し出しもBUBリゾートで行っているので外でのBBQでも安心です。夜でも動いている時よりも座ってご飯を食べる時の方が冷えたりするものですが、ひざ掛けの貸出が豊富にあるので快適にご飯を楽しむことが出来ます。

まとめ

グランピングでの防寒について解説しましたがみなさんご理解頂けたでしょうか?

まとめると「特に寒い冬の時期はなるべくコテージに泊まるようにする。」「防寒対策は服装の他にも手や足などの末端を温めるようにする」「事前にアメニティ類のチェックとなにが出来るのかをチェックしておく」

の三点です。これをチェックしてみなさん快適にグランピングを楽しみましょう!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
戻る
目次
閉じる