子供限定の体験キャンプ開催中詳細はこちら

七夕の日はこれをしよう!関東のおすすめスポット

カラフルな竹がずらっと並んでいる様子

皆さん七夕の日は何をしていますか?年に一度のせっかくの七夕の日を、楽しみ尽くしませんか?

目次

七夕イベント企画!アイディア紹介!7選!

織姫と彦星をモチーフにした和菓子

おうちで短冊を作り願いを書く方は多いかもしれません。実は七夕の日にできることって色々あるんです!七夕の楽しみ方を知って、いつもの七夕よりも少しだけバージョンアップさせちゃいましょう!

七夕の日はそうめんを食べよう!

七夕にはよくそうめんを食べますよね!そうめんの見た目が天の川に似ているからという話もありますが、中国菓子である索餅に形が似ているからという説が濃厚です。実は平安時代まで遡ります。また、七月七日はそうめんの日とされているようですよ!

索餅って知ってる?

先程も出てきた索餅、さくへいと読みます。中国で食べられていたもので、奈良時代に日本に伝わってきました。米粉と小麦粉を混ぜて、捻ったような形で揚げられているのが特徴です。中国では七月七日に皇帝の子どもが亡くなってしまい、それからというもの熱病がはやるようになりました。それを沈めるために子どもが好きだった索餅を供えるようになったと言われています。

らこ

私も索餅食べてみたい!

短冊に願いを書こう!

短冊の色によって実は意味が違うことを知っていましたか?赤色、白色、青色、黄色、黒色の五色があり、それぞれ礼、義、仁、信、智と振り分けられます。ちなみに、人々の間で短冊に願いを書き、飾るようになったのは江戸時代からと言われています。赤色は目上の人に感謝する、白色はルールを守る、青色は人を思いやる、黄色は約束を守る、黒色は知恵を持つ、というような意味を持っています。好きな色の短冊を選んでも良いですし、自分の願い事に合わせて色を選んでみても、面白いですね!

七夕飾りを作ろう!

七夕飾りにもそれぞれ意味が込められているので、いくつかご紹介します。例えば、折鶴も七夕飾りの一つであり、ご存じの通り長生きできますようにという願いが込められています。網飾りという細かい切れ目が入り広げると網のような見た目になる飾りは、大漁という願いが込められています。吹き流しという縦に切れている筒状の飾りは、裁縫が上達するようにと願いが込められています。他にも様々な種類の飾りがあるので、七夕飾りを作って短冊と一緒に笹の葉に飾ってみてください!自分で気になったものがあれば、ぜひ調べてみてください。

関東の七夕行事 七夕馬とは!

七夕馬とは、わらやマコモという稲科の植物で出来た馬や牛の人形のことです。以前は七夕とお盆が被っていたため、ご先祖様が帰ってくる時の乗り物として作られていたんです。また、豊作を願う意味合いも含まれていました。主に関東地方の農村で七夕馬作りの文化があったと言われています。飾り方にも地方によって個性があったということで、面白いですね!おうちで作るのは意外と難しいと思いますが、一度やってみても楽しそうですね!

「たなばたさま」を歌おう!

「ささの葉さらさら」から始まるこの歌を小さい頃に歌った方も多いのではないでしょうか?何気なく歌っていましたが、歌詞の中にはいくつか七夕にちなんだ言葉が含まれています。例えば、「軒端」は屋根の端から出っ張ったところのことで、そこに単座機などをつるした笹の葉を飾っていたそうです。また、「金銀砂子」は天の川のきらきら輝いている様子を表しています。「五色の短冊」は先程出てきた色によって意味が違う短冊のことですね!学んでからだと、前より歌詞の意味が分かり、なんだか新鮮な気持ちで歌えますね!

天の川を見よう!

七夕といえば天の川という印象も強いですよね。七夕の日は天の川が見られるかなと、ついつい空を見上げがちです。実は天の川は一年中見ることが出来るんです!しかし、見ることが出来る時間帯が月によって変わります。七夕の七月は、有名な織り姫と彦星のお話はもちろん、夜の八時頃~という丁度良い夜の時間帯に見られることもあって、夏の印象が強いのかもしれませんね。

七夕イベント紹介!6選【関東】

天の川がきれいな星空

せっかくの七夕なので、外に出て楽しむのも良いですよね!七夕にちなんだことをしたり、イベントに参加して、季節行事を楽しんじゃいましょう!

かわさき宙と緑の科学館 【神奈川】

お出かけしたかったのに、雨だった、、という場合でも大丈夫!せっかくの七夕を、プラネタリウムで楽しみませんか?かわさき宙と緑の科学館には、MEGASTARという最新機器で投影するプラネタリウムがあります。ただ星がきれいなだけではなく、星と星の明るさの差や肉眼では見えない星までも再現してよりリアルな星空を見ることができます。また、月ごとに変わるプラネタリウムのプログラムを、その場で生で解説してくれます。

TEL:044-922-4731
住所:神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1−2
アクセス:(電車)小田急線「向ヶ丘遊園」駅南口から徒歩約15分か、JR南武線「登戸」駅から徒歩約25分
     (車)東名川崎ICより
     川崎IC 出口左折、尻手黒川を西進、犬蔵交差点を右折し直進。
       川崎方面より
     府中街道を北進、稲生橋交差点を左折し直進。
       府中方面より
     府中(川崎)街道を南進、稲生橋交差点を右折し直進。
     行き方が様々あるので、ホームページをご確認ください。
URL:https://www.nature-kawasaki.jp/planetarium.html

堂平山天文台 【埼玉】

こちらは元々国立の観測所でした。それが今は宿泊施設とリニューアルしています。天文台は夜は宿泊者か、月に二回開催される星空観望会に参加される方が利用できるそうです。91センチの巨大反射望遠鏡を使って見る星空は、綺麗であること間違いなしですね!リアルで美しい星空を、この機会に堪能してみてはいかかですか?

TEL:080-2373-8682
住所:埼玉県比企郡ときがわ町大野1853
アクセス:県道172号線(大野東松山線)で「白石峠」までお越しください。
     「白石峠」からは案内板が設置されています。
URL:https://www.town.tokigawa.lg.jp/info/27

BUB RESORT Chosei Village【千葉】

七夕イベントとグランピング、一見接点がないように思えますが、こちらの施設では様々な七夕イベントを体験できちゃうんです!多くのグランピング施設ではおしゃれな部屋でゆっくり過ごすのが一般的ですが、BUB RESORT Chosei Villageでは手作り体験や校舎を使ったゲームなど、遊びが盛りだくさん!七夕の時期には、スターウォッチングや七夕飾り作り、流しそうめん等のアクティビティが用意されています。そのほかにも、やぎの餌やりや盆踊り、花火、ウォールクライミングといった様々なアクティビティに参加できるので、泊まるだけではない、ワクワクした七夕を過ごすことができますね!

TEL:0475-36-3219
住所:千葉県長生郡長生村金田2811
アクセス:【車】茂原長南ICから20分程度
URL:https://bub-resort.com/

東京タワー 【東京】

皆さんは七夕に東京タワーに行ったことがありますか?実は東京タワーでも、七夕にちなんだイベントが開催されているんです!東京タワーでは、毎年恒例で天の川イルミネーションをやっています。それに加え、浴衣で訪れると割引があったり、展望台に短冊に願いを書けるコーナーがあったり、お化け屋敷があったりと、実は七夕感や夏感を楽しめるイベントが盛りだくさん!東京タワーから見える夜景と共に、七夕を満喫しちゃいましょう!

TEL:03-3433-5111
住所:東京都港区芝公園4丁目2−8
アクセス:車で、首都高速都心環状線芝公園出口より7分
     電車で、大江戸線赤羽橋駅から徒歩5分 浅草線大門駅から徒歩10分 JR浜松町駅から徒歩15分 日比谷神 谷町駅から徒歩7分 三田線御成門駅から徒歩6分
     都営バス最寄り駅
     ・東京タワー(目黒駅前・品川駅港南口行き)
     ・東麻布一丁目(浜松町駅・田町駅・品川駅港南口行き)
     ・虎ノ門五丁目(渋谷駅前・新橋駅前行き)
URL:https://www.tokyotower.co.jp/

足利織姫神社 【栃木】

織り姫と彦星からなる七夕のお話は有名ですが、これは元々中国からきたものです。足利織姫神社では、別の七夕の言い伝えがあります。ある美しい娘は若い織師から機織りを学び、次第に惹かれて行きましたが、織り師と離ればなれになってしまいます。娘は悲しみに暮れますが、また一心に機を織り神様に捧げることで、年に一度会えるようになりました。娘はいつしか織姫と呼ばれるようになり、織師も織物の町である足利の守り神としてここの神社に祀られるようになりました。縁結びの神社としても有名なので、七夕の機会にぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

TEL:0284-22-0313
住所:栃木県足利市西宮町3889
アクセス:(車)
     北関東自動車道 足利ICより約10分 太田桐生ICより約15分
     東北自動車道  佐野ICより約30分
     (電車)
     東武伊勢崎線 足利市駅より徒歩30分
     JR両毛線   足利駅より徒歩30分
     (バス)
     生活路線バス あしバスアッシー
     東武足利市駅 →(約6分) → 通5丁目 下車
     JR足利駅 →(約10分)→ 東武足利市駅(経由または、乗換になります。)→
     通5丁目 下車
URL:https://www.orihimejinjya.com/

渋峠【群馬】

渋峠は標高2,172メートルに位置していて、日本の国道の中で最高です。つまり、日本国道で最も星空に近い場所であり、星を見るには最高のおすすめスポットといえます。「渋峠 星空」と検索するとびっくりするほど綺麗な天の川が見られるので、やってみてください。写真でこれだけ綺麗なら、実際はどれほど綺麗なんだろうと期待が膨らみますね!七夕の日に素敵な星空を堪能してみませんか?

アクセス:信州中野ICから 40km 60分
     長野電鉄長野線 湯田中駅下車 バス62分
住所:群馬県吾妻郡中之条町渋峠

らこ

七夕の日にきれいな星空は最高!

七夕イベント!関東の三大七夕祭りをご紹介!

短冊が飾られた笹の葉と青空

関東には様々な七夕にちなんだイベントを知っていただけたかと思いますが、実は、三大七夕祭りというものが存在しているんです!お夕祭りといえば、仙台のものがよく知られているかと思います。しかし関東の祭りも負けず劣らずのすごさなので、気になった方は是非足を運んでみてください!

湘南ひらつか七夕まつり

元々、戦後の復興から始まったこの祭り。今年で70回目を迎える伝統あるお祭りです。日本一とも言われる豪華な七夕飾りですが、中には10メートルを超えるものもあるそうです。巨大七夕飾りは是非直接見てみたいですよね!さらにこちらは約三年ぶりにおまつりの開催が決まっています!ただ、コロナウイルス拡大防止のため、県外からの来場者には自粛をお願いとのことだったので、神奈川県の皆さんは楽しんで来てください!

URL:http://tanabata-hiratsuka.com/

茂原七夕まつり

例年約80万人が参加する、大きなお祭りで七月下旬頃に開催されています。昭和30年から続く伝統的なお祭りでもあります。お祭りの際は、茂原駅周辺の商店街に七夕飾りでいっぱいに装飾され、もばら阿波おどりや YOSAKOI鳴子踊り、七夕おどりなども披露されます。また、近くの流れる天の川はキャンドルで埋め尽くされるそう!綺麗なこと間違いなしです。コロナ禍の今は残念ながら中止となっているようですが、もっと落ち着いたらまた開催されてほしいですね!

URL:http://www.mobara-tanabata.com/

らこ

お祭り行きたいですね、!

狭山市入間川七夕まつり

毎年八月の初めに開催されています。市民広場から七夕通り商店街のところに竹飾りが百三十本も飾られます。大きく色鮮やかな竹飾りが立ち並ぶ様子は圧巻ですね!また、納涼花火大会も人気イベントの一つとして開催されています。江戸時代中期から始まったとされていて、かなり古い歴史を持つお祭りでもあり日本で二番目に古い七夕祭りと言われています。こちらも今年は中止となってしまったようなので、次盛大に出来る日を楽しみにしましょう!

URL:https://www.city.sayama.saitama.jp/kankou/kanko/tanabata/index.html

七夕イベントで迷っている方はこちら!

テントと星空

結局七夕に何しよう、、と迷ってしまっていませんか?そんなあなたには、一番のおすすめスポットをご紹介します!

BUB RESORT Chosei Village (千葉)

七夕こそ、BUB RESORT Chosei Villageに泊まって遊びましょう!BUB RESORT Chosei Villageの周りには高かったり、明るい建物がないので、綺麗で澄んだ星空を見ることができます。流しそうめん体験をして、七夕飾りを作り、盆踊りを楽しみ、スターウォッチングに参加すれば、食も伝統も遊びも星空も全てコンプリート!一個にやることを絞らず、やりたいことは全部やって、楽しみきりましょう!

TEL:0475-36-3219
住所:千葉県長生郡長生村金田2811
アクセス:【車】茂原長南ICから20分程度
URL:https://bub-resort.com/

まとめ

短冊を笹の葉に吊るしているところ

おうちでも、お出かけ先でも実は、七夕にちなんだイベントはたくさんあってとても楽しめるんです!是非参考にしてみて、素敵な七夕をお過ごしください!

  • URLをコピーしました!
目次