子供限定の体験キャンプ開催中詳細はこちら

社内運動会ってどんなことするの?【メリット・場所まで徹底解説】

皆さんの会社には、会社のイベントなどはありますでしょうか!

今回は、企業旅行や企業イベントでよく開催される社内運動会を紹介していきます!

社内運動会には様々なメリットがあり、また、大勢で参加できる場所もあるので併せて紹介します!

目次

社内運動会ってどんなことをするの?

年に数回ある社内イベントで人気な社内運動会では、チームビルディングなどの目的で開催されることが多くあります!

最近では、コロナ禍で中々対面で会う機会が少なくなったりすることで多くの会社で行われています!

また、普段別の支店で働く方たちとのコミュニケーションの促進にも有効です!

社内運動会で大人気の競技!5選!

綱引き

1つ目に紹介するのは、綱引きです!

誰もが一度は参加したことあり、ルールもとてもシンプルです!

パワーバランスがかなり勝敗に関わってきますので、チーム決めも重要かもしれません!

1つの縄をみんなで引っ張るのでチームワークも強化できます!

世代も問わず楽しむこともできます!

自分がやった時もかなり盛り上がりました!

リレー

2つ目に紹介するのは、リレーです!

運動会では、最後の種目としてもメジャーなものです!

必要な物もバトンだけで簡単にすることができます!

チームメンバーで一つのものを繋いで行うのでこの種目もチームビルディングがかなりはかることができます!

実際には、各チーム応援などもしてチームワークも強化できます!

大縄

3つ目に紹介するのは、大縄です!

運動会で大人気の種目の1つです!

この競技では、全員が掛け声を揃えて数えたりするシーンもあるのでチームビルディングに最適なおすすめ競技になっています!

事前の練習や準備も大切なのでそこでもコミュニケーションが生まれます!

玉入れ

4つ目に紹介するのは、玉入れです!

運動会といえばこの競技です!

体力や年齢関係なく全員で参加できるのでかなりおすすめです!

また、玉入れは少しルールの変更などもするとより盛り上がります!

自分が体験したのは、ぐるぐるバットと合わせた玉入れです!

普段見えない人柄などもあり、コミュニケーションも増えます!

障害物リレー

5つ目に紹介するのは、障害物リレーです。

単なるリレーとは異なり、様々なミッションをリレーの中に組み込んで行います!

その中でも、顔を真っ白にして飴を探すミッション・パン食い競争などなど!

走るスピードだけを競うわけではないので、身体能力にかかわらず皆さんで楽しむことができます!

社内運動会のリアルな声を紹介します!事例を紹介します!

今回は、私が勤めるBUB RESORTというグランピング施設で行われた団体旅行プランの事例を紹介したいと思います!

パターン①

1つ目に紹介するのは、普段別の支店で働く方々でもコミュニケーション促進のために開催された約60名様ほどの社内運動会です!

当日は、施設内の広大なフィールドを使った5種目の運動会をしました!

種目としましては、大縄大会・綱引き・ドッジボール大会・水鉄砲合戦・リレーを行いました!

各チームでは、普段あまり喋る機会がない別支店同士で組まれ、最後には仲良く喋る姿が多く見受けられました!

パターン②

2つ目に紹介するのは、新しい社員の方が増えたり、社内の文化が少し変化したことでチームビルディングを目的で行われたイベントです!

参加者は約70名弱で開催された社内運動会です!

ここでは、運動会定番の種目だけではなく、BUB RESORTのアクティビティにもある火起こし体験などを含めた種目で競いました!

運動会後には、豪華景品をかけた宝探しが施設内にある廃校で行われました!

その他、夜には、その廃校を利用した脱出ゲーム、朝には学校の壁を登るウォールクライミングなど盛りだくさんで行われました!

パターン③

3つ目に紹介するのは、同じく新しい社員の歓迎会と次のタームへの決起会の目的で行われたイベントです!

人数的には、20名ほどで行われました!

当日は大雨に襲われた中でも近くの体育館でBUBクルーが作った様々な種目で競いました!

タグラグビーを使ったしっぽとりゲームやぐるぐるバット、茂原市が発祥のスポーツで年齢や男女に限らず楽しめるタッチバレーなどを行いました!

最後には、キャンプファイヤーで素敵な夜を締めくくりました!

社内運動会のおすすめ場所!3選!

雨でもできる体育館!

1つ目に紹介するのは、体育館です!

体育館のおすすめポイントは、雨などの天候に左右されず開催できる点です!

更に、体育館には貸出用具として、バレーやバスケ、運動会の用具まで借りれるところもあるので準備物を最小限にして開催できます!

都心から離れたグランピング施設!

2つ目に紹介するのは、都心から離れたグランピング施設です!

この施設のポイントは、今話題で人気な施設なため若い人でも楽しみに参加してくれます!

また、グランピング施設では、普段の生活とは違う雰囲気も楽しめますので気分転換にもなりおすすめです!

貸し切りができる運動場!

2つ目に紹介するのは、運動場です!

大人数での、社内運動会では貸切をして気にせず盛り上がることができる空間でイベント開催がおすすめです!

最近では、大人数だと安く借りれるところも多いんです!

芝の運動場もあり、汚れずに楽しめます!

社内運動会のメリットはこれ!3つ紹介します!

チームビルディング!

1つ目に紹介するのは、チームビルディングができる点です!

社員旅行のイベントでは、様々な目的で行われますが、社内運動会では、自然と会話が生まれる瞬間が多くあります!

普段、見れない一面もみえるのもメリットの一つです!

また、チームビルディングには、社員の方のモチベーションの向上や離職率の低下にも繋がります!

社員の健康にも繋がる!

2つ目に紹介するのは、社員の健康などに繋がることできる点です!

社会人になって、体を動かす時間や機会が年々減っている人も多いのではないのでしょうか!

最近では、社員の健康が会社の利益にも繋がるという考え方も広まっています!

なので、社内イベントでは、適度な運動にもなる社内運動会がおすすめです!

少ない予算で開催できる!

3つ目に紹介するのは、少ない予算で開催できる点です!

社内旅行では、必要な備品の準備やコストが多くかかるのが問題点でもあります!

その中で、小規模な社内運動会では、上記にある通り、大勢で借りると安くできるとこもあり、少ないコストで様々な効果が期待できます!

コロナ禍での社内運動会を成功させるには?!ポイント3選!

マスクや感染予防の徹底!

1つ目のポイントは感染予防の徹底です!

せっかくの社内運動会なので皆さんで楽しく参加できるイベントにしたいですよね!

運動会で体を激しく動かす中でのマスクは大変ですが、徹底しなければいけません。

最近では、布のマスクではなく、スポーツマスクやクリアマウスシールドもあるので十分に気にしながら運動会を楽しむことができます!

その中でも、幹事の方は十分な注意喚起をしなければなりません!

参加者へのこまめな体調管理!

2つ目のポイントは、こまめな体調管理です!

いつ、どこで菌が繁殖するかはわかりません!

なので、休憩時間には適度な距離をとって参加者に体調のヒアリングの徹底はしてください!

密を避ける種目選び!

3つ目のポイントは、密を避ける種目選びです!

運動会の種目では、意外と適度な距離や人数制限を儲けても楽しめる種目も多くあります!

一人ずつできるリレー、適度な距離を保てる水鉄砲合戦やサバイバルゲームなどなど!

施設ごとに感染予防のルールなどもあると思うので是非、参考にしてみてください!

食事や応援の際の対策!

4つ目に紹介するのは、食事や応援の際の対策です!

運動会中の応援では、特別なスペースの確保や適度な距離の徹底などを作りましょう!

よくあるのはマーカーやテープでみなさんが目で見て簡単に分かるように対策することです!

少し、準備に時間はかかるかもしれませんが楽しんで開催するためなので時間をかけて徹底しましょう!

社内運動会をするならここがおすすめ!

BUB RESORT(千葉)

今回、皆様にご紹介したい施設は、千葉県にあるBUB RESORTです!

ここの施設は、社内運動会ができる施設でかなりおすすめです!

その理由としては、当日のスケジュールを全てお客様の目的に沿って組んでくれ、また貸切もできる点です!

この施設では、運動会に使う備品を全て貸してくれます!

運動会の定番種目以外にもサバイバルゲームや水鉄砲合戦などのアクティビティが体験もできちゃうんです!

更には、この施設はグランピング施設なので夜にはキャンプファイヤーや廃校を使ったアクティビティなども体験でき、食事の準備も全てしてくれます!

利用者の体験談もかなり高評価なので本当におすすめな施設です!

【場所】

〒299-4332 千葉県長生郡長生村金田2811

【アクセス】 ※最寄り駅からの送迎もございます。

車 :東京から75分程度。駐車場30台完備

車でお越しの方

【URL】

BUB RESORT 千葉グランピング リゾ...

まとめ

今回は、社内運動会について解説しました!

社内旅行では、目的に沿ったイベントが大切です!

社内運動会では、チームビルディングなどの効果がかなり期待できます!

是非、最高の社内運動会になるよう参考にしてみてください!

  • URLをコピーしました!
目次