子供限定の体験キャンプ開催中詳細はこちら

幼児教育で大切なこととは【すべてが揃う場所も解説】

二人の家族と子供が手をつないで自然を歩く

初めての子育てって何をしたらいいのか分からないし、不安がいっぱいですよね。

子どもにどんな経験をさせてあげたらいいんだろうと悩むパパママ必見!! 

幼い頃に子供に経験させてあげるとよいことを紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

幼児教育で大切な「環境」3つ

子育ての上で環境は最も大切です。子供のためにもパパ、ママで環境を整えてあげましょう。

大人が見守ってくれる環境

 まず第一に、大人がしっかりと子供の安全を守ってあげることが大切です。

 怪我や大事故につながってしまっては元も子もありません。

 手は出しすぎず、かといって放置しすぎず難しい塩梅だとは思いますが、これをなくして子供は成長していきません。

 安全第一で優しく気長に見守ってあげましょう。

何事にもチャレンジできる環境

 

 まずは1歩踏み出すことが何よりも大切です。

 子供の頃、たくさんの経験をしていると、大人になってもその経験したことを覚えていたりします。ゴールデンエイジと呼ばれるほど幼児期・児童期はたくさんのことを吸収できます。

 一番大切なのはたくさん挑戦することでチャレンジ精神が自然と身につきます。その思考は大人になったときも変わることなく維持されます。

集団で行動する環境

 

 最初はみんな人見知りで困ることが多いと思います。

たくさんの集団に入っていくとコミュニケーション能力も自然と上がっていきます。

そうなると小学校や中学校など新しい環境になったときにすぐに順応することができます。

更に集団で行動することで、協調性も生まれていきます。お友達と何かをしたり、協力することで仲間の大切さを知ることができます。

幼児教育で大切な「大人の役割」とは

 

  大人は子供の能力を伸ばすためにとてもとても大切な役割を担っています。

  今回はそんな大人の大切な役割について解説していきます。

大人がNOと言わない

 大人が「NO」と言ってセーブをかけるのは簡単です。

しかしせっかくの子供のチャンスを逃してしまうことになるかもしれません。

なるべく「NO」と言わず、できる限り子供の要望は叶えてあげましょう。

てるま

子供の可能性は無限大!

方法を考えさせる

考えることで課題解決力や思考力などが身につきます。

考えることのできる子供は、大きなピンチが訪れた時も負けるのではなくどう乗り越えるのか考えることができます。

その考える力を身に付けるために、発問を多くしましょう。

最初は一緒に考えることで、だんだんと自分で問題解決する力が育っていきます。

焦らず長い目を持って、子供とたくさんの会話をしていきましょう。

褒める

褒めることで子供の自信や前向きな気持ちに直接繋がります。

褒めるコツは

①どんな小さなことでもいいから褒める。

②結果よりも過程を褒める。

③なるべく具体的に褒める。

感謝の気持ちだけでも子どもはとっても喜びます。

大きく笑顔でたくさん伝えましょう。

幼児教育で子供が得られる「大切なこと」3つ

幼児を伸ばすために大切なこととそれを得るための方法を解説していきます。

感性を伸ばす

 一つのことばかりしていたら子供は固定観念を持ってしまいます。

なるべく多くのことを経験させることで視野が広がるとともに子供の感性も磨かれて行きます。

思考力の向上

 思考力とは思考する力・考える能力です。

 たくさんの課題・問題を解決していくことでその力はどんどん磨かれて行きます。

 思考力は頭の中で段階を作って解決していくので勉強や私生活でも生きてきます。

てるま

人間は考える葦である。

身体能力アップ

 たくさん体を動かすことで得られる能力です。

 小さいころにたくさん走り回ったり、ボールに触れることで高まります。

 スポーツで得られる力はそれだけではなく、コミュニケーション能力や思考力を身に付けることができます。是非地域のスポーツクラブなど見学からでも参加されてみてはどうでしょうか。

幼児教育で大切な「場所」とは

 

 

 環境を変えることで子どもの学びも大きく変わります。

お子様のためを思って場所選びをしましょう。

 宿泊体験ができる場所

 常に親と一緒にいてもなかなか成長することはできません。

 時には一人で旅に出すことも大切です。

 しかし一人では危険が伴ってきます。

 なので、できるだけ信頼できる団体や場所に預けるようにしましょう。

 お子さんを送り出すことは、勇気が要ることかもしれません。しかし、子どもの挑戦する力を信じて参加を申し込んではいかがでしょうか。

 

てるま

かわいい子には旅をさせろ!

 自然体験ができる場所

 

 自然体験の中で遊ぶ機会が減った現代の子供たちにとって、自然体験はとても貴重な体験になります。

 自然体験をする得られるものは

 ①心の健やかさ

 ②創造性が培われる

 ③身体の健やかさが促進される

 ④環境について考えられる

などなどいいことがたくさんあります。

今年の連休は家族でキャンプに行かれてみてはいかがでしょうか。

  

 色々な人と関われる場所

 地域のいろいろな友達や大人と関わることで、子どもの人間関係の範囲を広げ、社会性を育てることにつながります。自分と考えの違う相手と出会ったり、違いを受け入れたり、時にはトラブルを経験しながら子ども同士で解決することもあるでしょう。また、年齢や立場の異なる人々と接することも子どもたちが多様な価値観や人との関わり方を学ぶ機会になります。こうした経験により子どもたちにはグローバル社会で将来必要になる「多様な文化を受け入れて、周囲の人と協力しながら物事を解決する力」の基礎が育まれると考えられます。

全てが揃う場所とは【BUB RESORT 天才キャンプ】

BUB RESORT 千葉グランピング リゾ...

 ただのキャンプじゃつまらない!

BUB RESORTがお届けする天才キャンプは、遊びも学びも満載の圧倒的体験型キャンプです!

日本有数のアクティビティ量を誇るBUB RESORT内での体験に加え、

施設を飛び出して、普段の宿泊では行うことのできない体験も行います!

天才キャンプでできる事って?

 酪農体験や農業体験さらには草木染など様々なアクティビティを体験できます。宿泊場所はBUB RESORTになっており宿泊者限定のアクティビティにも参加することができます!

それぞれのアクティビティを通して「きっかけ」や「SDGs」について考えることができます。

人間性の向上

 BUB RESORT天才キャンプでは自立心・協調性・豊かな感性・コミュニケーション能力を主に学ぶことができます。親から離れ子どもだけでたくさんの仲間とともに一緒の時間を過ごす中で、協調性やコミュニケーション能力が開発されます。

環境への興味関心

 自然の中で遊ぶことで、驚きや感動を体験し、豊かな感性を育みます。また、生き物や野菜の生産者さんなどとも直接関わる機会を経て、自身の取り巻く環境や命に対して感謝の心も育みます。

  • URLをコピーしました!
目次