子供限定の体験キャンプ開催中詳細はこちら

グランピングが社員旅行のトレンド!?幹事必見の施設をご紹介します!

社員旅行にグランピングはありなのか?

そんな悩みを抱えている幹事さんは多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、社員旅行でグランピングはすごくおすすめです。

この記事では、その理由などをくわしく解説していきます!

目次

グランピングでの社員旅行がおすすめな3つの理由

グランピングで楽しんでいる社員同士

「社員旅行」と聞けば、何を想像しますか?宴会でしょうか?それともレクリエーションでしょうか?はたまた観光でしょうか?

「キャンプ」を想像した人は少ないと思います。ましてや「グランピング」が頭に浮かんだ人は滅多にいないのではないでしょうか。

なぜ、社員旅行の候補の1つとして「グランピング」が選ばれつつあるのかについてご説明します!

アウトドアでコロナの遠慮なし

何かを行おうとした際には、コロナウイルスが不安要素になってしまうのが昨今の人々の傾向です。

しかし、グランピングという選択肢はその不安要素を取り除いてくれるでしょう。

グランピングは屋外で行うので、三密(密集、密接、密閉)などの心配は微々たるものに留まります。ですが決して油断してはいけません。

ペニー

マスクの着用やこまめな手洗いなどを忘れないように!

グランピングをしながらお酒を楽しむこともあると思います。その際は、最低限に抑えた節度ある行動を心がけるようにしましょう。

グランピング施設で味わえる贅沢空間

BUB RESORT

グランピングの最大の魅力は「贅沢空間」。この言葉に集約されるのではないでしょうか。

そもそも、グランピングはグラマラスとキャンピングを合わせた造語ですが、グラマラスとは「豪華」や「優雅」といった意味です。

つまり、グランピング施設では「贅沢」を存分に味わうことができるのです。

これほどまでにグランピングがブームになったのには、経済的背景があります。

サービス業の多くがコロナウイルスの影響を受けました。閉塞しがちな消費側の自然志向や屋外レジャーの需要と、コロナ禍で新たな利益の獲得を目指してる生産側の供給が相まって、キャンプ市場が大きな広がりを見せました。

とはいえ、キャンプは設営や撤収がめんどくさいということやお風呂が入れない場合が多いため、不衛生だということから敬遠する人も多くいるのが現状です。

これらのマイナスの要因を払拭しプラスの要因だけを残したものこそグランピングになります!

結果的に、グランピングを表象してる言葉として「贅沢な空間」というのが一つ挙げられるのです。

非日常体験で関係づくり

「贅沢な空間」とは、同時に「非日常」でもあります。

多くのキャンプ好きは、「キャンプは不便を楽しむことこそが醍醐味である」と言いますが、グランピングではこのキャンプ特有の有益な不便も享受できるのです。

「有益な不便」はキャンプを行う様々な過程で味わうことができます。例えば、「調理」を考えてみるとわかりやすいです。

日常の中では火はスイッチひとつで点けることができます。一方で、キャンプでは火を確保するのにも一苦労なのです。

また、日常では「食べる」という行為のみに関心が向く場合が多いですが、キャンプでは「料理する」ことそのものも目的になったりします。

このように、キャンプを行うということで絶え間なく不便益を得ることができます。

そして、この不便益を同じ空間で受益した人同士の関係性はより強固なものになっていきます!

社員旅行でグランピング施設を選んだ人の感想

自然を楽しんでいる社員同士

仲間と非日常なひとときを一緒に過ごし、社員の「絆」が深まった。

(滋賀県)

他部署でも意見交換できるし、自分のモチベーションアップに繋げられる良い機会だと思います。

(静岡県)

おしゃれでのびのびと楽しめました。他の部署との交流がほぼ無いので、自由に飲みながら意見交換や年の近いスタッフとお話ができて良かったです。

(静岡県)

多少騒いだりしても、周りの目を気にせずに楽しむことができました。

(東京都)

社員旅行おすすめのグランピング施設【関東】

ここからは、関東で社員旅行におすすめのグランピング施設をご紹介していきます!

BUB RESORT【千葉県】

BUB RESORT施設全体

まず初めに紹介するのは、千葉県の長生村にあるBUB RESORTになります!

季節ごとに異なる数々のアクティビティを体験できたり、自然に囲まれたグランピングで快適な宿泊を楽しむことができます。

「みんなでつくる」という考え方を持っているため、ゲストを家族・友人のようにお迎えしています。

ゲスト同士の交流も推奨していて、ゲストとスタッフ全員が1つとなって空間を作り上げているので、そこでの一期一会の出会いや体験の共有を楽しむことができます!

社員研修に使えるたくさんの貸出備品、プロジェクター・研修用の部屋・テーブル・椅子も提供していますので、研修を含める社員旅行に最適な場所です。

BUB RESORT定番の豊富なアクティビティにかんして、スパイシーカレー作り・豚の丸焼きなど、団体だからこそ可能なアクティビティも特別に体験できます!

住所〒299-4332 千葉県長生郡長生村金田2811
営業時間24時間営業
問い合わせ先TEL- 0475-36-3219
公式サイトhttps://bub-resort.com/group

PICA初島【静岡県】

続いて紹介するのは、静岡県熱海市の初島という東京から1番近い離島にあるPICA初島になります!

何百種類もの亜熱帯の植物が生い茂る、アジアンガーデンR-Asiaという宿泊施設があります。

都会では味わえない青い空と緑の芝生に包まれて、ハンモックに寝転びながら南国気分を体験することができます!

PICA初島ならではのまったりとした「島時間」を過ごすことができます!

北軽井沢スウィートグラス【群馬県】

最後に、群馬県吾妻郡にある北軽井沢スウィートグラスをご紹介します!

浅間山の裾野に広がる日本有数のキャンプ場で、ほぼ手ぶらで宿泊できる「コテージ」と、最小限の家具が用意された「キャビン」、そして「テント」と多彩な宿泊施設から選ぶことができます。

季節ごとのアクティビティや、充実のレンタルグッズなど宿泊オプションも魅力の1つです。

都会から少し離れた、北軽井沢スウィートグラスにて日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ここまで読んでいただいて、社員旅行でグランピング施設に行く魅力は十分に伝わりましたでしょうか?

ぜひ今後、皆さんの社員旅行先の選択肢の中にグランピング施設が入っていれば幸いです!

また、今回紹介したおすすめのグランピング施設3選もぜひチェックしてみてください!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
戻る
目次
閉じる