子供限定の体験キャンプ開催中詳細はこちら

ファミリーキャンプ初心者が必須の持ち物とは!絶対揃えておきたいキャンプの必需品

家族でキャンプ

コロナ禍でファミリーキャンプの需要が高まる中、ファミリーキャンプの初心者は、どんな持ち物が必要なのか分からない方も多いハズです。

おきちゃん

ファミリーでキャンプに行く時って、持ち物が難しいよね…

そこで、実際にキャンプ好きな筆者の経験を交えて、厳選した必需品を教えちゃいます!

目次

ファミリーキャンプ持ち物とは【初心者にもわかりやすく解説】

ファミリーキャンプをするとき、何を持っていいのかわからず、気付いたらカバンがパンパンなんてことありませんか?

準備のとき必要だと思っていても、キャンプ場に行って「実際は使わなかった」、キャンプ場に行って「これ必要だったな」と思うことがあると思います。

そこで今回は、初めてファミリーキャンプを行う際に最低限必要な物から、これがあったら便利というものまで紹介していきます。

テント

キャンプに必須なものといえばテントです。

テントなくしてキャンプは出来ません。

テントを選ぶ際には、荷物を置く場所などを考慮して「記載されている人数₋1」を目安にして購入しましょう。

また、ファミリーテントは設営が難しいのも多いので購入する前に確認しましょう。

寝袋

寝袋もテントと同じくキャンプには欠かせない物です。

夏であれば、暑いので寝袋ではなく薄いブランケット等が適切ですが、夏以外の季節の場合、キャンプ場は寒暖差が激しいので必須になります。

寝袋も最近では、1人用だけではなく、3人~4人用の物まであるのでファミリーキャンプには最適です。

調理器具

キャンプの醍醐味といえば、「キャンプ飯」。

キャンプ飯を作るために必要な調理器具はホームセンターで購入できますが、まな板や包丁などおうちの物を持参する形でも大丈夫です。

テーブル・チェアセット

テーブルといっても1つだけではありません。

料理や食事がしやすいハイテーブル、ゆっくりくつろげるローテーブルがあります。

用途に合わせて使い分けましょう。

椅子もテーブルと同じく高さや深さが違うものがあるので使い分けるのがおすすめです。

タオル

汚れた体や汚れたキャンプ用品をさっとふけて何かと役に立つタオル。

アウトドアのキャンプには欠かせない物です。

ゴミ袋

キャンプ場には近くにゴミ捨て場がありません。

キャンプ場によっては、ゴミ箱自体がない場所もあります。

そんなときのために、ゴミ袋は、ビニール袋のような小さいものも45リットルのような大きいゴミ袋も必須になります。

バーナー(コンロ)

キャンプ場には、調理場があるキャンプ場もありますが、自宅のようにひねると簡単にガスがつくところはありません。

そんな時に必要なのが、バーナー(コンロ)になります。

今では簡単に火が付くものが多いので、初心者の方でも簡単に火が起こせます。

救急セット

キャンプは自然が多い山の中で行います。

いつケガをしてもいいように、救急セットは必須です。

特に小さいお子さんと一緒にキャンプに行くときは欠かせないものとなるでしょう。

ファミリーキャンプの持ち物【季節毎の必需品】

基本的な持ち物に加え、季節別のファミリーキャンプで必要なものを記載していきます。キャンプ場は山の中が多いので、普段生活しているよりも寒いのが基本です。

春に必要なもの

春といってもキャンプの春は朝晩冷え込み、冬の延長戦のような寒さです。そのため防寒グッズは必須となります。

また、防寒グッズの他にも焚火台と薪があれば、防寒対策、さらには、よりキャンプ気分を楽しめるでしょう。

また、昼と夜の寒暖差があるため長靴があるとよりいいでしょう。

春キャンプに必要なもの
  • 薄手の上着(簡単に脱げるもの)
  • 厚手の上着
  • 長靴
  • 厚めのインナー
  • 焚火台・薪

夏に必要なもの

夏のキャンプは、春や冬に比べ寒さはないものの虫がたくさん出ます。

そのため虫よけグッズが欠かせません。

また、寝袋は夏は暑いため、薄めのブランケットに変えると夏の蒸し暑い夜も過ごしやすいでしょう。

女性は日焼け止めなどの日焼け防止対策は必須です。

夏キャンプに必要なもの
  • 虫よけスプレー
  • 蚊取り線香
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • 薄めのブランケット

秋に必要なもの

秋のキャンプは夏の日差しが残っている中、朝晩は冬のように冷えるので寒暖差に注意が必要です。厚着の上着やヒートテックなど防寒対策をしっかりしていきましょう。

秋キャンプに必要なもの
  • ヒートテックのようなインナー
  • 厚手の長袖
  • 帽子
  • 長靴
  • 焚火台

冬に必要なもの

冬のキャンプは極寒です。最高気温10度以下、最低気温がマイナスになることもあります。ダウンなどの防寒対策は必須です。

さらに耳当てや手袋などなるべく肌を露出しない暖かい格好で行きましょう。

また、靴も普通の運動靴ではなく、ブーツなどの暖かい靴を履いて行きましょう。

冬キャンプに必要なもの
  • 防寒着
  • ヒートテック等のインナー
  • 極寒ブーツ
  • 防寒小物類(耳当て・マフラー・帽子)
  • カイロ
  • 焚火台

ファミリーキャンプ【コンパクトにしたい方へ】

初心者のキャンプは何を詰めていいのかわからず、あれもこれも必要と思ってしまい、荷物が多くなってしまいます。

しかし、荷物が多くなるとまとめる作業や車に詰め込める作業に時間がかかってしまいます。

そこで必要なのがコンパクトにまとめる方法です。ここでは、基本的な持ち物をもとにコンパクトにする方法を紹介します。

テント・チェア・テーブル

これらのキャンプギアには折り畳み式と組み立て式の2種類があります。

コンパクトにまとめたい方は、収納時に隙間ができない組み立て式を選びましょう。

また、これらのキャンプギアに収納袋がついているか確認しましょう。

収納袋がついていると圧縮され、キャンプギアがまとまり持ち運びが便利になります。

焚火台

「せっかくキャンプに行くならキャンプ気分を味わえる焚火台を持って行きたい!でも大きいからかさばりそうだな」と焚火台を持って行くことに悩んでいる方におすすめなのが、調理機能が付いた焚火台です。

物によってはズボンのポケットに入るくらいコンパクトに折りたためて、重量が軽いものがあります。

また、ダッチオーブン料理ができる焚火台もあるので、荷物が多くコンパクトにまとめたいファミリーキャンプには最適です。

食材

コンパクトにできるのはキャンプギアだけではありません。

食材もコンパクトにできるのです。その方法とは、キャンプ場に行ってから、野菜や魚を切るのではなく、前もって家で切ってクーラーボックスに入れて持って行く方法です。

そうすることで、まな板や包丁を持って行く必要がありません。

クーラーボックスもソフトタイプのものがあります。

ソフトタイプの物は無駄にスペースを取らずコンパクトに収納できます。

ファミリーキャンプこれがあったら便利

先ほどまでは、必需品を記載してきましたが、ここでは、必需品ではないけど、これがあったらより初めてのファミリーキャンプが楽しめるものを紹介します。

ドライネット

 ドライネットは、食器を洗い終わったあとに、入れると自然乾燥で乾くという便利物です。ファミリーキャンプのように人数が多ければ多いほど、食器の数が増えるので欠かせないものになってくるでしょう。

折り畳み火起こし器

折り畳み火起こし器は、短時間で炭に火をつける火起こし器です。

炭に火が付くまでは時間がかかります。初心者だと特に手こずるでしょう。

火起こし器を使えば初心者でも簡単に火が付きます。

また、コンパクトに折りたためるので、持ち運びも簡単です。

女性ならではの持ち物

女性の持ち物として必要なのが、冷え対策グッズ。

夏を除き、キャンプの夜は寒いので冷え性の女性はあったかい靴下やカイロが必須です。

さらに、お風呂施設が近くにない場合、髪の毛が洗えないので水がいらないシャンプーなど持っておくと便利でしょう。

化粧水や乳液等も小さい容器に移し替えるとコンパクトに持ち運びができます。

女性ならではの持ち物
  • あったかい靴下
  • カイロ
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • 生理用品
  • 化粧落とし
  • 化粧品セット

ファミリーキャンプ持ち物チェック表

おきちゃん

ファミリーキャンプに必要な持ち物チェック表を作ったので、印刷して活用してみてください!

基本的な持ち物

持ち物チェックリスト
寝袋
調理器具
テーブル
チェア
タオル
ゴミ袋
バーナー
救急箱

春に必要な持ち物

持ち物チェックリスト
薄手の上着
厚手の上着
焚火台
長靴
厚めのインナー

夏に必要な持ち物

持ち物チェックリスト
虫よけスプレー
日焼け止め
帽子
薄めのブランケット

秋に必要な持ち物

持ち物チェックリスト
ヒートテック
帽子
長靴
焚火台
厚手の上着

冬に必要な持ち物

持ち物チェックリスト
防寒着
ヒートテック
防寒ブーツ
防寒対策(マフラー等)
カイロ
焚火台

女性ならではの持ち物

持ち物チェックリスト
あったかい靴下
カイロ
日焼け止め
帽子
生理用品
シャンプー
化粧落とし
化粧品セット

まとめ

今回は、初心者向けファミリーキャンプの持ち物を紹介しました。

ファミリーキャンプは1人キャンプとは違い荷物が多くなるものです。

是非、チェックリストを活用しながらキャンプの準備をしてみてください。

また、キャンプ用品は紹介したもの以外にもたくさんあります。

一度近くのキャンプ用品売り場に足を運んでみてください。

よりキャンプのいくことが楽しみになります。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
戻る
目次
閉じる