子供限定の体験キャンプ開催中詳細はこちら

発達障がい児習い事のおすすめ【7選】気を付けるべきことは?

一歩一歩少年が上る

発達障がいの子供に習い事をさせたいけど不安…。

そんな方も多いと思います。今回はそんな人たちのためにおすすめの習い事を徹底解説します!

目次

発達障がいおすすめ習い事【7選】

 発達障がいの子供におすすめする習い事を、厳選してご紹介いたします。

【体操】全力で体を動かしたいなら

 発達障がいの子どもは、年齢が低いほど、体をたくさん使うことが大切です。

体を鍛えることは、鉛筆を持ったり、姿勢維持に繋がります。

しかし、チームスポーツの様に周囲とのコミュニケーションが必須な、サッカーやバスケットボールのように、チームメイトと協力して何かを達成するのが、そもそも苦手なのです。

そのため、自分のペースで頑張れる体操がおすすめです。

【ピアノ】一歩一歩コツコツと

 ピアノは自分のペースでコツコツできます。細かな節々で達成感も味わえ、子どもの成長・継続につながっていきます。さらに弾ける曲が増えていくにつれて自己肯定や自信に繋がり、私生活や学校生活にも余裕が生まれるようになります。

【英会話】コミュニケーション能力も鍛えられる

 英会話でも、オンライン英会話が非常におすすめです。

対面での英会話に比べとても安く、さらに時間の縛りがないので自由に受けることができます。好きな時間に一緒に受けることで、継続して楽しく人とコミュニケーションをとることができます。 さらにオンライン英会話はマンツーマンなのでマイペースに自宅で受けることができる点もおすすめポイントです。

【絵画教室】才能を発見

 人の心を豊かにする絵画の世界。作品を作ることで自己表現できる絵画系の習い事は、コミュニケーションを苦手とするタイプの子どもの情緒を育んでくれます。

自治体によってはアートセラピーという療育プログラムを実施しているところもあり、絵が上手だから芸術分野に何か才能があるかもしれない、と期待できるお子さんだけではなく、手先が不器用で絵は苦手、という場合でも発達を促す効果が期待できる言われています。

【書道】集中するなら

 正座して、落ち着いて「字」を書くので、集中力が増加します。

お手本をみて「字」の「バランス」を整えていくので、「字」を形として捉えることができるようになります。

文字の作りなどをしっかり捉えて、綺麗な文字をかけるようになります。

最初は少しの時間から徐々に時間を増やしていくことで、子どもの集中力も徐々に上がっていきます。

【ダンス】のめりこむなら

 ダンスは先生の動きを真似して、覚える必要があります。

覚えながら体を動かすために脳をフル回転させます。

さらに、動かすことで身体はどんどん柔らかくなり、柔軟性が付き体幹・体力・持久力までもつきます。

これらの筋肉は普段の私生活にも生きてくるのでとても大切な力になります。

【スイミング】強靭な体を作るなら

水の中は浮力があるので筋力が弱くても心配いりません。

また、水の抵抗もあり姿勢を保つ力や平衡感覚も身につきます。

さらに、水泳は全身運動の有酸素運動のため脳が活性化されます。

人に合わせなくても大丈夫な個人スポーツなのもおすすめポイントです。

発達障がいの習い事を選ぶ時のポイント【4選】

選ぶ時に重要なポイントを、絞ってご紹介いたします。

集団より一人で取り組めるもの

 周りに合わせて進めていくことがとっても苦手です。

 なので、自分のペースで継続して行うことができるものが良いです。 

 周りの人に迷惑をかけてしまうと続けざるを得なくなってきてしまいます。

 まずは、子どもが自分のペースで継続できるものを選びましょう。

ルールが少なく、自由度の高いもの

 縛られるのがとても苦手です。

 興味がコロコロ移っていくので、その子に合ったやり方がきっとあるはずです。

自由にのびのび楽しめる習い事は継続もできますし、没頭できるようになります。

全力で動けるもの

 子供はみんな全力で身体を動かすことが好きです。

発達障がいの子ならなおさら、縛られず全力で動き回りたいと思っています。

日々のストレスを運動で発散させてあげましょう。

てるま

日々のストレスをここで発散しよう!

 

集中してできるもの

 発達障害の子供の、大好きなことへの集中力は絶大です。

 その集中力から素晴らしい作品がいっぱい生まれています。

 集中して続けることで忍耐力も同時に鍛えられ、一つのことに没頭してやり切ることができます。

発達障がいの子おすすめ体験

 

習い事だけでなく、体験を通して新しい発見やきっかけに繋げましょう。

芸術体験

 発達障がいの子どもは芸術的才能がある人が多いとも言われています。

 独特の感性を持っているので、その個性を活かして素晴らしい作品が出来上がるかもしれません。

 新しい発見を見つけに芸術体験に行ってみましょう。

てるま

まだ見ぬ才能が見つかるかも!

宿泊体験

 大半の子供たちは宿泊行事をとても楽しみにしています。

しかし、発達障害を持つ子供にとっては恐怖しかありません。

普段とは違い見通しがつかず、パニックになってしまいます。また親元から離れ一人で行動するためとっても不安になってしまいます。

しかし、一人で泊ることによって大幅に自立心を育み、豊かな感性が育ちます。いつもとは違う人と生活することで協調性も身につきおススメです。

自然体験

自然と触れ合うことで、心が豊かになります。

さらに、外には興味を引くものや見たことのない世界が広がっています。

そこから知る新しいきっかけは人生を変えること間違いなし。

ワクワクの詰まった自然を体験してみませんか。

自然宿泊体験はBUB RESORTの天才キャンプ!

天才キャンプとは、遊びの詰まった圧倒的体験型キャンプです!

日本有数のアクティビティ量を誇るBUB RESORT内での体験に加え、

施設を飛び出して、普段の宿泊では行うことのできない体験も行います!

 アクティビティは季節、伝統、歴史だけでなくSDGsや農業体験と言った子供の知育に繋がる体験ができ、新しいきっかけを得ることができます。

 また、宿泊体験をすることで自立心・コミュニケーション能力・協調性も身につきます。

知る人ぞ知る最高のBUBクルーと共に、きっかけの詰まった休日を過ごしませんか?

まとめ

まずは子供たちの安全が一番です。安心できる施設や人に任せましょう。子供たちが全力で楽しみながら没頭できる習い事を一緒に探しに行きましょう。

  • URLをコピーしました!
目次