子供限定の体験キャンプ開催中詳細はこちら

子供の体力作りに欠かせない運動方法とは【年齢別で解説】

子供に体力をつけさせたいけど、子供に最適な体力作り方法が分からない・・・

そんな風に悩んでいるママパパは多いハズです。

そこでこの記事では、子供の体力作りに欠かせない運動方法を紹介していきます。

この記事を参考にして実践することで、子供に体力がどんどんついていきます。

5分ほどで読める内容なので、ぜひ見てみてください。

目次

子供の体力の作り方【年齢別で解説】

フラフープで遊ぶ子供

ここでは子供の体力の作り方を「年齢別」で解説していきます。

順番に解説していきます。

乳幼児の場合

まず初めに紹介するのが、乳幼児の運動方法です。

乳幼児(0〜2歳)の時期は、運動に影響する中枢神経がまだ発達していなかったり、手や足、首などの筋肉が十分に発達していないので、運動能力を育てる段階にはありません。

なのでハイハイをする、寝返りをしたりすることが、この時期の運動と言えます。

体力・運動能力をつけるための土台を作っている段階なので、無理に大きく体を動かしたり急激な運動はむしろ逆効果になる恐れもあるので注意が必要です。

次への運動の幅を広げるためへの第一ステップになってくるでしょう。

おきちゃん

ゆっくりと見守ることも大事ですね!

小学生低学年

次に紹介するのが小学生低学年の運動方法です。

乳幼児(0〜2歳)の時期と比べて、手足や首の筋肉は一段と成長し様々な動きや運動ができるようになります。

加えて小学校に通いながら、同年代の子供達や、学校の先生、先輩後輩の存在も大きく運動に影響してくるでしょう。

休み時間には友達と鬼ごっこやドッジボールなどを通して大きく体を動かしたり、楽しみながら体力をつけることができます。また体育の授業でも、跳び箱やマット運動の個人競技、大縄跳びや組体操などの団体競技などでも十分に体を動かすことができます。

小学生低学年の時期は、学校生活という環境の中で、遊んだり学んだりしながら体力を付けられるという特徴があります。

おきちゃん

学校生活の中で沢山運動できるね!

小学生高学年

最後に紹介するのが小学生高学年の運動方法です。

小学校にもだいぶ慣れて、1人で作業ができたり様々なことに興味を持っている時期だと言えます。

またこの時期の子供は、野球やサッカー、スイミングなどの部活にも参加し、本格的に体力づくりをする子達もふえてくるのではないでしょうか。

部活への参加のメリットは、体力はもちろん精神力も同時に培われることが挙げられます。

また先輩や後輩、先生との接し方や社会のルールを自然と身に着ける可能になってきます。

一方でデメリットとしては、部活で疲れて学校の勉強が疎かになってしまう子達もしばしば、、、

また部活動に時間を取られて家族と過ごす時間が少なくなってしまうケースもあるようです。

この時期の子供にとって、登校や帰宅時に1人でしっかり歩いて帰ったりすることは、体力づくりに欠かせない大きな要素になります。

しかし、以上のデメリットを解消するためにも、部活後は親御さんが迎えに行って車など体を休めながら帰宅できると良いかもしれません。

家族間のコミュニケーションの場になったり、夜道を歩かずに済み防犯面でもメリットとなります。

おきちゃん

たくさん動きたくさん休む、が大切ですね!

簡単に子供の体力作りができる施設【屋内編】

観覧車や遊具のある遊園地

子供は年齢によって自身の運動機能や周辺環境が変化し、それぞれのタイミングで様々な体力づくりの方法があることがわかりました。

そこでこの項目では、そんな子供たちが簡単に体力つけることのできる屋内施設をご紹介します。

順番に解説していきます。

トランポリンパーク・トランポランド

1つ目に紹介するグランピング施設は、「トランポリンパーク・トランポランド」です。

東京都、埼玉県に計3施設展開しており、その名の通り全力で様々なトランポリンが体験できる施設。

子供だけでなく、親御さんからカップルまで、幅広い方々が楽しく運動できる施設となっており、空中感覚や体幹を鍛えるための練習、またダイエットを目的としてジム代わりに通う方も多くいます。

日常では体感できない、いろんな方向に大きく跳ねたり飛んだりする運動は、子供も大人も新鮮で楽しいこと間違いなしです。

施設には自動販売機や更衣室もあるので、怪我をしないように長ズボンを履いて向かうだけで楽しめちゃいます。

グッぼる ボルダリングCafe

2つ目に紹介するのは「グッぼる」です。滋賀県彦根市に位置し、本格ボルダリングができる施設となっています。

この施設の特徴は本格的なボルダリング施設を使用して、インストラクターからレクチャーを受けながら初心者でも気軽に体験できる点です。

また年齢制限がないので小さなお子様でも本格ボルダリングに参加できちゃいます。

施設にはカフェも併設してあるので、お子さんを体験に参加させながら、安心してゆったりと見守ることができます。

特に小学生高学年のお子さんにおすすめの施設となっているのでぜひチェックしてみてください。

簡単に子供の体力作りができる施設【屋外編】

丸太の遊具で遊ぶ幼児

ここからは屋外編です。

より一層体を動かし体力つくこと間違いなしの施設をご紹介していきます。

順番に解説していきます。

フォレストアドベンチャー

まず初めに紹介するのは「フォレストアドベンチャー」です。

北は北海道から南は沖縄まで計30箇所以上も展開している巨大アドベンチャー施設です。

施設の発祥はなんとフランス。当初スイスの企業研修用に作った施設でしたが、一般に開放した途端またたく間に人気になり、今では日本国内にも多数施設展開する人気施設になっています。

施設の森林をそのまま生かしたパークづくりを推進しており、環境にも配慮しつつ、大人も子供も本能のままに楽しむことのできる施設となっています。

年齢や難易度別でコース展開がありますが、筆者のおすすめはなんといっても木々をすり抜けて滑走するスリル面点のアドベンチャーコース。

お子様も安心して体験できるキッズコースもあるので、家族皆で最高の体験ができること間違いなしです。

BUB RESORT Chosei Village

最後に紹介する施設は、千葉県にある「BUB RESORT Chosei Village」の天才キャンプです。

こちらの施設は、筆者が働いている施設になります。

BUB RESORTが提供する天才キャンプは、遊びも学びも満載の圧倒的体験型キャンプとなっております。

親御さんとは離れお子様のみで参加し、日本有数のアクティビティ量を誇るBUB RESORT内での体験に加え、施設を飛び出して、普段の宿泊では行うことのできない体験も行うことができます。

自立心のみならず、協調性や感受性が育まれると同時に、広大な敷地でのびのびと体を動かし体力がつくこと間違いなしです。

過去には、スイカ割りやウォーターサバゲー、その他たくさんのアクティビティを自分なりにカスタマイズし、朝から夜までお友達と最高の時間を過ごすことができます。

施設には常に専属のクルーがおり、定期的にメッセージでキャンプを楽しむお子さんの様子を、写真と共に実況報告してくれるので安心です。

関連BUB RESORTの天才キャンプ

まとめ

ここまで見てもたくさんありすぎて、どこに行こうか迷っているそこのあなた!子供の年齢とその時期に必要な運動方法を参考に、次に行く施設を決めてみてはいかがでしょうか。

最後にご紹介したBUB RESORT Chosei Villageは、価格こそお高めですが、体力づくりだけでなく、その子自身の人生における体験の総数が増えることは間違いなしです。

この記事をきっかけにその他たくさんの施設をさがしてみてください!

関連子供の遊び「種類大全」遊びのプロが大人気の遊びを徹底解説

  • URLをコピーしました!
目次